• 健康サポート
  • フォトギャラリー
  • 皮膚科専門外来のご案内
  • 携帯サイト

井関医院

〒221-0052
横浜市神奈川区栄町6-1
ヨコハマポ−トサイドロア弐番館1F
電話:045-451-6864
診療時間
月火水金
午前9:00〜12:30
午後15:00〜18:30
第2、第4木
午前9:00〜12:30
土   曜
午前9:00〜13:00
休診日
日曜・祝日・第1第3第5木曜

より大きな地図を見る

健康サポート

季節の健康トピック

秋の花粉症に注意!

花粉症には春のスギ花粉症のイメージが強く、春の病気という印象があります。しかし、花粉症の症状を引き起こす植物は非常に多く、春のスギ、ヒノキから夏にはイネやシラカバ、秋にはブタクサやヨモギ、カナムグラなど、年間を通して花粉症の原因となる何らかの花粉が飛んでいます。花粉症は季節によらず、注意が必要な病気なのです。

ブタクサやヨモギ、カナムグラといった8月〜11月上旬に花粉を飛ばす植物によって起こる花粉症を「秋花粉症」といって区別することがあります。これらの植物は丈が低く、空き地や河川敷など、身近な平地に群生している野草です。スギのような樹木が原因の花粉症と比べると、花粉の量自体が少なく、飛散する期間も短いため、植物が自生している周辺に行かなければ症状は出ません。春の花粉症と比べると、患者数が比較的少ないのはそのためです。

もしも毎年、秋の同じような時期に、春の花粉症に似た鼻水やくしゃみといったアレルギー症状が出るようなら、秋花粉症を疑ってみましょう。ブタクサの花粉はとても小さいので、大量に吸い込むと喘息に似た症状を起こすことがあるので、油断は禁物です。また、秋はハウスダスト(ダニやカビなど)によるアレルギー症状も増えると言われており、症状がさらに悪化することも考えられます。

市販の風邪薬に含まれる成分によって、症状が一時的によくなることもありますが、風邪ではなさそうな場合には、一度は検査を受けて原因を調べておきたいものです。秋花粉症であることがわかれば、マスクをかけるなどして原因となる植物を避けたり、帰宅したときに衣服の花粉を払ったり、こまめに部屋の掃除をしたり、といった対策によって症状の悪化を防ぐことができます。基本的に春の花粉症と治療法は同じです。症状が治まらない場合は、医療機関を受診しましょう。


ページの先頭に戻る


ものしり医療メモ

(2019年9月6日更新)
ロコモティブシンドロームって何?

くらしのヘルスケア

(2019年9月13日更新)
コーヒーの健康効果に注目

すこやかレシピ

(2019年8月23日更新)
天津飯